昭和30年 創業 玉川 進(現玉川グループ代表、当時20歳)が母 玉川ハルエと共に砂利運搬業を始める。
昭和38年 4月 一般土木、舗装、砂利採取販売業として会社設立。道道支笏湖公園線,、江別恵庭線等、延べ50kmに及ぶ骨材納入。社長に玉川進就任。資本金30万円。
昭和45・46年 日本道路公団発注により道央自動車建設工事及び千歳空港滑走路工事等に骨材、火山灰等納入。
昭和47年 4月 日工製60t/hアスファルトプラントを恵庭市盤尻に新設する。道営北野団地、札幌開発建設部発注の恵庭バイパス、恵庭市発注の基線舗装工事等を施工。
昭和47年12月 資本金5,255万円に増資
昭和50年 2月 資本金8,255万円に増資
昭和50年 4月 北広島支店・千歳営業所開設。
昭和51年 4月 札幌営業所・長沼営業所開設
昭和56年 4月 東北以北では第1号の定置式の100t/hのアスファルトプラントを増設。
昭和63年  4月 東京営業所開設、建設大臣登録。資本金1億円に増資。
平成元年  6月 札幌営業所を札幌支店に昇格。
平成 3年   4月 追分営業所開設。
平成 3年  9月 私募債発行5億円(5年債)、受託銀行、北海道拓殖銀行
平成  8年  9月 リサイクルアスファルト合材プラント100t/h 北海道アスコンを設立。
平成10年  3月 全社一括で、ISO9001の認証取得。(平成14年3月 2000年版に移行認証)
平成10年 4月 玉川組、及び玉川グループの機構改革により、新社長に玉川豊就任。
平成10年12月 私募債発行5億円(7年債)、受託銀行、北洋銀行、信金中央金庫。
平成12年11月 宅地建物取引業免許登録。
平成13年11月 東京営業所閉鎖。
平成14年 1月 一級建築士事務所登録。
平成14年 3月 共恵建設株式会社と合併、建築部門の強化を図る。
平成14年 4月 総合建設業 新生「玉川組」としてスタート。
平成14年 5月 環境マネジメントシステムISO14001認証取得。
平成15年  4月 玉川組創立40周年記念として、恵庭市に総額1000万円相当の図書を寄贈。
平成17年11月 玉川進グループ代表、叙勲旭日小綬章を受章。
平成18年 4月 売掛債権譲渡(ファクタリング)システム導入。(ファクタリング会社:北洋銀行)
平成19年 3月 建設業労働安全衛生マネジメントシステムCOHSMS評価証取得
平成20年 9月 追分営業所閉鎖。
平成22年12月 私募債(北洋エコボンド)発行2億円(5年債)、受託銀行、北洋銀行。
平成24年 5月 恵庭市と 「災害時における避難場所指定に関する協定書」 締結。
平成24年11月 太陽光発電を目的としたITKソーラー北海道株式会社に共同出資。
平成25年  4月 玉川組創立50周年。
平成25年  6月 玉川組、及び玉川グループの機構改革により、新社長に玉川裕一就任。


All rights reserved, Copyright (C)2007 Tamagawagumi CORPORATION