■ 工事日記

千代田電線共同溝設置工事作業所で行われる地域貢献活動、創意工夫などの日常の活動を画像と共にお知らせします。

 ■ 2008年2月25日(月) 晴れ 週末の大雪!!!!!

週末の低気圧の影響で、大雪でした。
場内も雪の影響で除雪作業を終日おこないました。

気象庁のデータによると、千歳市の
昨年3月の積雪の深さの1位記録は23cm
今年、現在の積雪量は48cmとすでに倍以上。
25日の大雪時は77cmと近年にない積雪量を記録
しました。
もちろん、週末明けの現場内は雪がてんこ盛り
でした。。。。。

環境の悪い中での作業は、私たちも 十分に安全対策
をとり、施工に徹していますが、現場内通行の皆様にも
通行の際は、路面状態も良くありませんので、十分に
気をつけていただきたく、お願いします。

今日を終えた作業所長の一言
  「工程がおくれるよ〜!!!!!」

 ■ 2008年2月15日(金) 晴れ 舗装復旧状況

電線共同溝管路部の舗装復旧状況です。
本来であればバックホウによる機械掘削ですが振動・騒音への配慮と施工性を考え、大型切削機で昼間施工しました。

 ■ 2008年2月8日(金) 晴れ 歩道部改良工事

縁石布設を完了し、歩道部の改良工事を施工
しています。

即設舗装取壊しにブレーカーを使用しています。

近隣の皆様には大変ご迷惑をおかけしています。

施工時間を昼間とし、極力短時間で終了させます
ので、ご理解いただき、ご協力いただきますよう
よろしくお願いいたします。

 ■ 2008年1月31日(木)〜2月2日(土)  ふゆトピア2008フェア

 1月31日〜2月3日に
  「2008 ふゆトピア・フェア in 千歳」が開催
  されました。
 千代田電線共同溝設置工事でも
 「ふゆトピア2008フェア」 に賛同し、案内バルーン
 を設置しました。

 また、工事安全連絡協議活動に参加し、千歳駅前
 通りにアイスキャンドルを設置しました。
 ”光と氷のオブジェ”をテーマに氷の器に灯るキャン
 ドルが、千歳駅前通りを幻想の世界へと導きました。
*点灯状況* *設置完了*

 ■ 2008年1月25日(金) 晴れ 道通試験の実施
  
  発注者による道通試験が実施されました。
  全区間の電力管、通信管について、任意に選定し確認を行いました。

  点字ブロック配置(案)模型の修正

千歳駅前交差点の点字ブロック配置案がかたまってきました。
2パターンの配置(案)模型を実際に、目の不自由な方々に触っていただき、ご意見をいただきました。
左の画像が変更した配置(案)模型になります。

実際に使用する方々から意見をいただき、より安全により便利な配置になるよう、私たちは努力していきたいと思います。


  点字ブロック配置(案)模型の紹介

↑画像をクリックすると拡大します。

↑上にマウスを置くと点字ブロック画像になります。

千歳駅前交差点の点字ブロック配置は、実際に使用されている、目に障害を持つ方々に決めていただきます。

それにあたり、どのように点字ブロックが配置されるのか 手で触って分かるような、模型を作ることになりました。

点字ブロック配置の案は2つあり、模型を作成するにあたり、下記の点に配慮してみました。

 1 全盲者でも認識できるよう、横断歩道、
   縁石、点字ブロック、建物の高さを変え
   ること。
 2 色弱の方もおられるので、濃淡をはっきり
   つける。
 3 JR千歳駅周辺のイメージが全体的に認識
   できること。(駅は時計の12時方向)
 4 歩車道の区別(歩車道縁石、舗装止縁石)
   がはっきり分かること。
 5 文字は大きく記入し、点字も添えること。

障害を持つ方にも、より快適な環境づくりができるよう、工事だけでなく、このような工夫も私たちは行っています。

  歩道部仮舗装の紹介
舗装部仮舗装に石灰系添加材を混合した改良砂を使用しています。全道いえ、全国的にも初めての試みだと思いますので紹介いたします。改良砂にはアスファルト舗装に比べ、次の利点があります。
  
  1.路盤土を省略できるので
資源を節約
   することができます。また、作業機械
   の
振動、騒音を減らします。

  2.加熱をせず、常温で混合できるので
   燃料を節約することができ
CO2も発
   
生しません

  3.使用後は残土として処理できるので
   
廃棄物が発生しません

  4.
透水性があるので、雨水を地下に戻
   します。

  5.砂の粒子が保水して、夏場には
ヒート
   アイランド現状を抑制
します。

All rights reserved, Copyright (C)2007 Tamagawagumi CORPORATION